日本文理大学後援会は在学生の保護者により組織する団体です。後援会は日本文理大学を後援し家庭と大学との連携を密にして、相互の親和を図りもって大学の発展向上に資することを目的としています。

Aboutus後援会について

会長あいさつ

 日本文理大学後援会は、在学生保護者(正会員)と賛助会員で組織され、日本文理大学を後援し家庭と大学との連携を密にして、相互の親和を図り、もって大学の発展向上に資することを目的としています。

主な事業として、保護者の皆様と大学教員との面談を通じての、情報交換を行なう「個人面談会」を毎年秋に開催しており、他にも教員や進路開発センター担当職員による企業訪問や合同企業セミナー及びインターンシップフェア等への参加促進のための助成、学生活動の充実・活発化のためクラブ・サークルの大会出場の補助事業等を行うことで、日本文理大学が進める「人間力教育」のもと、学生が希望を叶えていけるサポート体制構築を目指しております。

保護者の皆様と連携して大学と保護者と学生をつなぐ架け橋として運営に取り組んで参りますので、引き続き後援会活動へのご理解・ご協力の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

日本文理大学後援会会長:村山一三

  • 1目的

    日本文理大学後援会は、日本文理大学を後援し、家庭と大学との連絡を密にして相互の親和を図り、もって大学の発展向上に資することを目的としています。

  • 2会員

    1. 正会員 学生の保護者
    2. 賛助会員 本会の趣旨に賛同し、学長ならびに会長の推薦を受け、理事会が承認した者
  • 3事業

    目的を達成するため次の事業を行っています。

    1. 本学と会員相互の連携を図るために必要な事業
    2. 学生のための就職指導および就職開拓に関する事業
    3. 学生のための教育研究活動および課外活動に関する事業
    4. 学生のための福利厚生に関する事業
    5. 学生の福利厚生施設・備品の充実に関する事業
    6. その他本会の目的達成に必要と認められる事業
  • 4支部

    全国に7支部(福岡・熊本・宮崎・佐賀・沖縄・鹿児島・高知)があり、支部長を中心に活動しています。

  • 5会則

    各会則は以下をご覧ください

  • 6役員名簿

    役員名簿はこちらをご覧ください(PDF)

Branch支部について